« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年3月の3件の投稿

2009年3月30日 (月)

手術前と後の食事

一番下が手術前、上2枚が手術後の食事です。

お腹が空いてるから美味しくペロリでした。

手術前と後の食事
手術前と後の食事
手術前と後の食事

| | コメント (1) | トラックバック (0)

入院

入院
今日も風が冷たいっ(≧∇≦)
お昼休み時間がとれたのでカキカキ。

先月入院してた時の写真です。病院食も撮影してあるんですがまた後で(^O^)

今回腰から下を麻酔したんですが、手術後麻酔が切れるまでの5時間が大変でした。起き上がっちゃ駄目って押さえられた時は気持ち悪いわ腰が痛いわで、動きたいんだけど管が色々あって動けないし麻酔きれるまでがこんなに辛いなんて驚きでした。事前説明会も2時間みっちりあっただけあります。元気に退院出来て良かったです(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

近況

近況
こんばんは(・∀・)ノ

引っ越したあと今月入院をしていたんですが、かなり元気になったあうでぃです!

入院の時の話は後にして、アウディの話です。

お正月にペットホテルに預ける事になって引越先のS病院でホテルをやっているので預ける事にしました。

そこの病院では診察を一度しないと受付してくれないので簡単な診察だけと思って行ったら、検査代の高い血液検査などしないと受入れられないと強く言われたので夏に前の病院で検査して血液も健康状態も問題ないんですがと説明したんですがそこはそこ、うちは病院だから他のペットホテルとは違う責任問題だから嫌だったら他所へ行けと言われて仕方ないと思って検査を受けました。結局血液も普通で問題なしpout今度はアウディから変な咳が出るとか言って聴診もせず胸のレントゲンもとられ、まず呼吸器官が正常な位置にないうえ心臓が大きいし心臓に水がたまってる可能性があるだのと大事になってきて(もちろん今までの病院でそんな事を言われた事はないと言ったけど、その院長が私は何千頭と見ているから間違いないと嫌な感じで言うんですよね)その水を出す薬をこれから毎日飲ませろと勝手にというか副作用の説明とか薬の詳しい説明もなく凄い勢いで処方され、気づけばただの診察が終わってみたら約2万の出費に。

家に戻って、以前の病院に確認の電話。丁度院長先生で、10歳こえたら突然心臓病が出てもおかしくはないけどそんな兆候もなかったしね〜〜?とう〜ん一度こちらでも診させてくれとなりました。とりあえず年明け改めて診せる事にし、薬は健康体に飲ませても大丈夫な薬だから飲ませても良いし、飲ませなくてもとなり1日だけ飲ませてやめました。

で、そこのS病院の院長の態度や言い方も凄く横柄で2度と行きたくないと思ったのはもちろんですが、そこのホテルですよannoyそこも責任責任とまくしたて預ける段階でも責任の話しかしなくて普通のペットホテルだったら食事はいつも何回ですか?とか、散歩の時間は?とか、癖は?とか、アウディの事を聞いてくれるのに一切なし!

不信感だらけ。移動中に聞き忘れたと後から電話がありましたがご飯の回数だけ聞いて切れ、翌日の夜にまた電話があり今度はアウディがご飯をもどしたから薬を与えて良いかの連絡。環境が変わればそんな事もあるし、S病院には不信感が強かったので薬は断ったら、責任とれませんからとまた一言。

結局ホテルからは元気に戻ってきましたが2度とS病院には行きません。

病院の責任問題になることだけが嫌という態度が見え見えで動物に愛情を感じられない医師やスタッフの態度に呆れました。まぁ私も不信感いっぱいで凄く嫌な態度をとっていたからかもしれませんが・・・・。

年明け落ち着いてからアウディをいつもの病院に診せに行き、胸のレントゲンを撮影し診察して貰いました。2人の先生が聴診で心臓の音も確認してくれて問題なしでしたhappy01

犬は心臓が大きくうつるものだし、呼吸器官の位置も異常な位置にあるわけじゃないし、まず水たまってないと。

若い先生もいつも親身に診てくれるのですが、その先生は定期的に心臓の勉強会にも出られていてそこにアウディのレントゲンを持って行っても多分誰も心臓病だとは言わないと断言してくれました。何故S病院(先生もS病院を知ってました)でそんな事を言われたのか不思議がってましたが、病院同士で批判とかはしないみたいでフォローされてましたね。たまたまその時はそういう風に見えてしまったのかも?と。

お近くに住まわれている方にはこのS病院名を教えてあげたい位ですhospital

今回の件で病院選びって本当に大事だなぁと思いました。

アウディには検査検査で1月は大変な目に合わせてしまい、

何より引越したばかりで数日ホテルに預けてしまったので1月は捨てられる?と勘違いして赤ちゃん帰りしてしまいました。家を出るだけで『くぅ〜〜〜ん!くぅ〜〜〜〜ん!』のリフレインcrying

今は環境にも慣れてもうhouseだと判ってくれてスヤスヤ眠る事も出来るようになりましたdog

更新しょっぱなから長文でびっくりですね。ははは、スッキリ!!note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »